ダイエットがしやすくなる!今すぐ変えるべき4つの習慣

ダイエットが成功しやすくなるためには日頃の習慣を変えることが大切です。どんな習慣を変えるべきかご紹介しましょう。

太らないホルモンを出せば好きに食べても痩せられるようになる

大食いで食べることが大好きだと太りそうなのに、食べるのが大好きでも痩せている人はいます。

そういった人はなぜ太らないのかというと、ホルモンが関係していて特定のホルモンの分泌がされていることで太らないのです。

太りにくくするホルモンが出るようになれば、食事制限で痩せることもしなくてよくなります。

太りにくくなる力のあるホルモンとは

人間の体の肥満を防止する役目のあるホルモンは、
GLP-1というホルモンであり食べても太らない人はGLP-1の分泌量が多い傾向にあります。

太りやすく食べるのを我慢しているのに痩せない人は、このGLP-1の分泌量が少ないため痩せません。

痩せたい人は分泌量を増やすことが必要であり、作られる量が少しのままだと痩せるのは難しくなります。

GLP-1の持つ効能とは

食事で太ってしまう原因は食べた分がエネルギーに全部ならず脂肪として蓄積されること、
炭水化物の糖質が吸収され血糖値が上がりやすくなることが理由に含まれます。

GLP-1は分泌されている量が多いと、
食事で摂った糖質が体内に吸収されることを抑えやすくするので血糖値の上昇効果に役立ちます。

糖質が吸収されにくくなることで、エネルギー変換もしやすくなり脂肪が体につきにくい効果も得られます。

GLP-1は腸内環境が整っていると分泌されやすく、便秘の人だと作られにくくなっています。
参考URL:Healthy生活習慣病対策情報|健康の見方

乳酸菌や発酵食品でGLP-1を増やす

痩せる力のあるGLP-1の分泌量は腸の調子が影響しているので、
腸内環境を改善することでたくさん作られるようにできます。

腸を健康にするには善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが効果的であり、
それには乳酸菌を含む食品や発酵食品を食べることがおすすめです。

乳酸菌はヨーグルトに多く含まれているので、おやつ代わりに食べてみてはいかがでしょうか。

発酵食品は納豆、キムチ、漬物などがあるので、食事のおかずに加え積極的に食べて腸内環境を整えましょう。